子会社は“撤回された後”、又“解散された後”の労働契約終止に起因する“同じ事例の異なる判旨”について

分享到微信 关闭
2018-06-12 | 来源:本站原创

7a5398e1efb9ad0d4e0b8ea41783632c.jpg

  『労働契約法』第四十四条で、"下記の状況の場合、労働契約を終止:(五)雇用者の営業許可証が取り消された場合、命令によって閉鎖された場合、登録抹消された場合、又は雇用者の決定によって(事前に)解散された場合"(以下、"争議法条文"と言います。)と規定されている。司法実践中、子会社は親会社に登録抹消され、あるいは、雇用者の決定によって(事前に)解散された状況は、"労働者の労働契約を終止する"ものに当たるか否かについて、(司法実践中)異なる裁判では異なる結果がある。本文において、下記の三つの事例の分析を通して、これについて議論する。

  【関連事例】

  一、子会社が親会社に"登録抹消"されたことは労働契約の法定終止状況ではなく、これを理由に(子会社の)労働契約の終止は違法である。

  事例の基本状況説明:2009年6月30日、三聯商社株式会社菏澤子会社(以下、菏澤子会社と言います。)は何建海と無固定期間労働契約を締結した。その後、三聯商社株式会社は菏澤子会社の登録を抹消した。2014年5月に、両者間において「協議書」を締結し、その内容は労働契約法第四十四条第(五)項に基づき、"双方は2014年4月5日をもって労働契約を終止する。菏澤子会社は、何建海に対して49462.7元を一括に支払うこと"と規定した。何建海は、"菏澤子会社の(労働契約を終止する)行為が法律規定に適していない"ことを理由に仲裁を申し立て、最終的に、山東省高等裁判所に上告した。

  裁判結果:山東省高等裁判所の(2017年3月28日の)裁判結果によると、"2014年4月5日に、菏澤子会社から出された「労働契約解除(終止)証明書」中の法律規定は『中華人民共和国労働契約法』第四十四条第(五)項である。本案において、「雇用者の営業許可証が取り消された」と「命令によって閉鎖された」状況がなく、『中華人民共和国労働契約法』、『中華人民共和国会社法』の関連規定に基づいて、"(雇用者が)登録抹消された"とは、行政機関によって瑕疵のある会社の登録を取り消しすることであって、"雇用者の決定によって(事前に)解散された"とは、董事会又は株主総会の決議による解散/又は会社合併?分立による解散/又は株主表決権の10%以上を持っている株主が裁判所に会社解散を要請し、雇用者は社内規定(会社の終止時点)の内容に基づいて解散することである。本案中、(雇用者である)菏澤子会社は三聯商社株式会社に登録抹消されることが、『中華人民共和国労働契約法』第四十四条第(五)項に規定された労働契約終止の法定状況ではないことによって、本案は労働契約の解除であって、労働契約の終止ではない。三聯商社は、菏澤子会社の(労働契約を解除)行為が『中華人民共和国労働契約法』に適してことを証明できない。雇用者と労働者間において、労働契約を終止する旨の協議書を締結したことに関わらず、『中華人民共和国労働契約法』第四十八条の規定にでは、"雇用者には法律責任がある"と規定されている。労働者側の"労働契約の継続"を要求していないことによって、裁判所は三聯商社に対し、"『中華人民共和国労働契約法』第八十七条の規定に基づいて、賠償金を支払う"ことを命じた。

  本案中、裁判官は、"子会社は親会社に(登録)取り消された状況が、争議法条文に規定された取り消される状況ではなく、事前に解散される状況でもなく、労働契約の解除にあたる"と考えた。ただし、解除の法律根拠について、詳しい説明がない。

  二、子会社が親会社に"登録抹消"されたことは労働契約の終止であって、これを理由に(子会社の)労働契約の終止は合法である。

  基本状況説明:2006年10月17日、陳平は大同利美特(上海)有限公司馬鞍山子会社(以下、馬鞍山子会社と言います。)と労働契約を締結した。2017年3月28日に、利美特有限公司の株主総会と董事会は下記のことを決定した。1.2017年6月30日までに、馬鞍山子会社の全ての経営活動を停止し、2017年6月30日をもって、(馬鞍山子会社と労働者間)労働契約を終止する。2.規定に基づき直ちに馬鞍山子会社を清算し、登録を抹消する。上記について、馬鞍山子会社が責任をもって遂行する"。馬鞍山子会社は陳平に対して、"2017年1月9日から家で待機"を命じた。2017年6月7日に、馬鞍山子会社は、利美特株式会社の株主総会と董事会の決定に基づき、陳平に対して「労働契約終止通知書」を出し、"両者は2017年6月30日に労働契約を終止"すると通知した。また、馬鞍山子会社は陳氏に対して、経済補償金として22524元を支払う。本案は、最終的に安徽省馬鞍山市中等裁判所に上告された。

  裁判結果:安徽省馬鞍山市中等裁判所(2018年2月27日)の裁判結果によると、馬鞍山子会社は、大同利美特株式会社の株主総会及び董事会の決議に基づき、"馬鞍山子会社の名義で労働者との労働契約を終止することが、『中華人民共和国労働契約法』の関連規定に適合している"ことである。労働契約法第四十四条は、"雇用者は(登録)取り消された場合、労働契約を終止する"と規定している。陳氏は、"馬鞍山子会社の行為は労働契約の終止ではなく、労働契約の解除である"と主張し、"株主総会及び董事会の決議によって子会社の(登録)抹消することができなく、子会社の労働者との労働関係を終止することを決定することができない"と考えている。ただし、(会社の)株主総会は会社の(最高)権力機関として、会社の実際の経営状況に基づき、子会社の設立または(登録)取り消しを決定することができる。株主総会及び董事会の決議中に、"2017年6月30日までに、馬鞍山子会社の全ての経営活動を停止し、2017年6月30日をもって、(馬鞍山子会社と労働者間)労働契約を終止する"と表示している。しかし、本決議は会社内部の決定である。労働契約の終止過程中、馬鞍山子会社は、その名義で労働者との労働契約を終止することが、法律規定に適合していて、陳氏に経済報償金を支払う必要がない。

  本案中、裁判官は、"株主総会は、董事会の提議に基づき子会社の(登録)抹消を決定することができる"と認識し、"この状況において、労働契約を終止することができる"と考えている。

  三、子会社が親会社に"(事前に)解散"されたことは労働契約の終止であって、これを理由に(子会社の)労働契約の終止は合法である。

  基本状況説明:三洋天津子会社は三洋株式会社の子会社である。2013年1月15日、金偉は三洋天津子会社と(2013年1月1日からの)無固定労働期間の労働契約を締結した。この契約で、"金偉は、三洋天津子会社において、(事業範囲内の)バッテリー生産及びその補助業務に従事する"と約定している。2014年7月30日に、三洋天津子会社は「労働契約終止通知書」を作成し金偉に引渡した。この通知書の内容には、"金偉様:マーケットの変化等によって、三洋エネルギー(北京)有限公司(親会社)は、親会社の董事会の決議によって、三洋エネルギー(北京)有限公司天津子会社(以下、"弊社"と言います)を解散する"とのものがある。金偉は、親会社の解除行為を認めなく、最終的に天津市第一中等裁判所に上告した。

  裁判結果:天津市第一中等裁判所は、"2013年1月15日に、金偉は三洋天津子会社と(2013年1月1日からの)無固定労働期間の労働契約を締結し、両者間には雇用/被雇用関係にある。三洋天津子会社は、三洋株式会社の子会社であるが、法律によって営業許可証を取得していて、雇用者として労働者と労働契約を締結することができるので、金偉と三洋天津子会社間において締結された労働契約が合法的なものである。三洋天津子会社は、親会社の『"三洋天津子会社を解散の旨"の株主総会及び董事会の決議』によって、閉鎖される/清算される/登録抹消されることが雇用者に決定された(事前の)解散である。『中華人民共和国労働契約法』第四十四条の規定に基づき、雇用者は、事前の解散を決定した場合、労働契約を終止する。

  本案中において、裁判官は、"親会社は、株主総会及び董事会の提議に基づき子会社を閉鎖する状況で、雇用者の(事前に)解散の決定であって、労働者との労働契約を終止することができる"と考えている。しかし、作者は、"この場合において、労働者との労働契約を解除するものが子会社であって親会社ではない"と認識していて、"しかし、子会社は、事前に解散(行為)を行っていなく、この権力も持っていない"とも考えている。よって、"子会社は争議法条文の後半に基づき労働契約を終止することができるか否か?"が問題となっている。

  【法律分析】

  上記の三つの事例の全部は、"子会社は、親会社の決定によって抹消されることで、労働者と労働契約を終止する"ものであるが、実践中において異なる裁判例が出てきた。"同じ事例異なる判旨"の結果は、如何に生じたのか?雇用者の操作不当に起因したのか?あるいは、裁判官の法律に対する異なる理解によるものか?あるいは、裁判官の異なる法律の適用方法によるものか?あるいは、法律規定の規定不明によるものか?この状況において、雇用者は如何に操作してリスクを最低に抑えるのか?本文は、第一の事例(山東省高等裁判所)の裁判理由が成立するのかについて分析し、各企業様の操作を指導し関連意見を提出することにした。

  一、争議法条文中の"抹消"には、親会社による子会社の抹消を含むか否か?

  山東省高等裁判所の意見に基づき、雇用者は"抹消される"とは、行政機関は瑕疵のある会社の登記を抹消することであって、親会社による子会社の(登録)抹消を含まない。言い換えれば、雇用者は行政機関によって登録抹消されることだけが労働契約終止の状況であって、"親会社によって子会社の(登録)抹消し、さらに、子会社によって労働契約を終止する"ことが違法である。従って、山東省高等裁判所の観点は成立しうるか?関連法律規定を検索した結果は、下記のとおりである。

  1.『中華人民共和国会社法』第百八十条 会社は下記の理由で解散、

  (一)会社の社内規定で規定されている営業期限満了、又は、社内規定に規定されたその他の解散事由が現れる;

  (二)董事会又は株主総会の決議によって解散;

  (三)会社合併又は分立によって(必要的な)解散;

  (四)法律によって営業許可証を取り消し、命令によって閉鎖、又は登録抹消;

  (五)裁判所は、本法第百八十二条の規定によって解散。

  第百九十八条 本法の規定に違反し、資本金を偽って報告し、偽った資料を提供すること又はその他の手段で重要事実を隠蔽して会社登記を行ったものについて、会社の登録機関によって(業務)改正を命令し、資本金を偽って報告する会社に対して、報告された資本金の5%~15%の罰金を課すこと;偽った資料を提供すること又はその他の手段で重要事実を隠蔽している会社に対して、5万元~50万元の罰金を課すこと;厳重な不正事実に対して、"会社登録抹消"又は"営業許可証の取り消し"を処する。

  2.『中華人民共和国行政許可法』第六十九条 下記状況において、行政許可決定を出している行政機関又はその上級行政機関は、関係者の請求あるいはその職権に基づき、行政許可を撤回することができる。

  (一)行政機関の過失による行政許可決定;

  (二)法定職権を逸脱した行政許可決定;

  (三)法定規程を違反した行政許可決定;

  (四)申請資格を満たしていないもの又は法定条件を満たしていない申請人に出した行政許可決定;

  (五)法律によって行政許可を撤回できるその他の状況。

  被許可人は、詐欺や賄賂等の不当手段で取得した行政許可について、撤回すべし。

  前二項の規定に基づき行政許可を撤回する場合、公共利益に重大な損害を与えるものについて、撤回できないものとする。

  本条第一項の規定に基づき行政許可を撤回する場合において、被許可人の合法的な権益に損害を被るものについて、行政機関が法律に準じて賠償すること。本条第二項の規定に基づき行政許可を撤回する場合において、被許可人の(行政許可に基づき得た)利益が保護されないものとする。

  上記の『会社法』及び『行政許可法』を検索した結果、『労働契約法』の立法時に、『会社法』の第百八十条第四項の関連規定を引用しただけであれば、この"登録抹消"が確かに行政行為の抹消に限っているが、親会社による子会社の登録抹消を含まない。山東省高等裁判所のこの理解は正しいであるか。引き継ぎ、二つの問題を考える必要がある。

  1."親会社による子会社の登録抹消"の関連法律規定は存在しているか。存在していなければ、登録抹消には、"行政機関による会社の登録を抹消"すること意味する。これに基づき、子会社の労働契約の解除は違法である。

  2.その他の法律規定中に"親会社による子会社の登録抹消"の関連規定は存在していれば、『労働契約法』中の"登録抹消"は何を指すのか。"行政機関による会社登録の抹消"であるか。又は、"親会社による子会社の登録抹消"であるか。あるいは、この二つの意味は両方もっていて、"雇用者による合法的に労働契約を終止できる状況とすることができる"というものか?

  更に検索すると、

  1.『中華人民共和国登録管理条例(2016修正版)』第四十九条 子会社は親会社に登録抹消され、命令によって閉鎖され、営業許可書が取り消された場合、会社は決定が出された日から30日以内に該当子会社の登録抹消を申請すること。登録抹消の申請には、会社法定代表者署名の(登録抹消)申請書と子会社の『営業許可書』を提出すること。行政機関は(登録抹消)許可後、子会社の『営業許可書』を回収すること。

  2.『中華人民共和国企業法人登録管理条例施行規定(2017修正版)』第三十七条 企業法人は他地域で子会社を増設又は登録抹消の場合、元登録機関に"登録変更"を申請すること。確認後、子会社所在地の登録機関に"始業登記"又は"抹消登記"を申請すること。

  この二つの法律規定を確認すると、"親会社には子会社を登録抹消することができる"と判断することができる。そして、この状況において、争議法条文中の"登録抹消"について、数多くの解釈ができるようになる。従って、第一の問題について、既に回答があった。しかし、第二の問題について、"登録抹消"とはどの状況下のものか。立法時に、『会社法』の関連規定を完全に引用したであれば、また合理的な文意解釈からすると、"雇用者の『営業許可書』が取り消され"と"命令による閉鎖と登録抹消"は並列的な関係であって、この二つ行為の主体は行政機関(に統一されるべき)であって、雇用者の親会社ではない。しかし、ここの問題とは、雇用者の"登録抹消"後、雇用者としての主体資格がなくなる。この場合において、労働者は『労働契約法』第二十六条第三項の規定に基づき、"法律?行政法規の強制性規定に違反で、労働契約を無効と認定した場合、(労働契約終止に起因する経済報償金ではなく、)(民事)損害賠償請求を行う"ことができる。従って、作者は、「争議法条文中の"登録抹消"には、"親会社には子会社を登録抹消"を含まないことを否定できないが、"雇用者の主体資格は行政機関に取り消される状況も含まれない"ものとすべき」と考えている。この解釈は、立法時に配慮するものではないが、法的考えに適合しているため、法律条文の表現に解釈と適用にも余地が残されている。そして、"親会社による子会社の登録抹消後の労働契約を終止"する状況しか残されていない。これらの分析で、山東省高等裁判所の「争議法条文中の"登録抹消"は、行政機関によるものである」との理解には偏りがあるものと理解できる。

  山東省高等裁判所のもう一つの判旨に基づき、"雇用者の決定により事前に解散"とは、「董事会又は株主総会の決議による解散/会社の合併又は分立による解散/株主表決権の10%をもっている株主は裁判所に解散を請求し、会社の規定によって解散」の状況である。親会社にとって、子会社を解散することが"雇用者の決定により事前に解散"に当たらない。この判旨は正しいか否か。関連規定を検索した結果、『会社法』第四十三条の内容に、「董事会による"会社規定の修正?資本金の増減?会社の合併分立又は(会社のあり方)変更"決議の有効には、2/3以上の表決権を有する株主の同意を得ないといけない」とのものがある。『会社法』第十四条の規定には、"会社は、子会社を設立することができる。設立登記後、営業許可書を受領することができる"との内容がある。子会社には法人資格がなく、その法的責任は親会社にある。この規定によって、"子会社は子会社自身を解散することができない"と理解している。争議法条文の前半の"主体身分が取り消され"と後半の"主体資格がなくなり"の状況には、"子会社が親会社に解散された"とのものがない。従って、山東省高等裁判所のこの判旨は法律上に成立できるものである。しかし、会社の日常業務において、"親会社による子会社を登録抹消の決定"について、董事会及び株主総会の決議では、"登録抹消の決定"、"閉鎖決定"、"解散決定"と表示されることがある。作者は、「表示内容に関わらず、"親会社による子会社を登録抹消の行為"は、(董事会及び株主総会)法定手続を経たものであれば、子会社が登録抹消の法的効果につながる」と考えている。この状況において、"(子会社と労働者間)労働契約の終止"行為が支持されるべきものである。そして、会社法上の"解散"の法定手続を用いて親会社の(子会社を)解散する権利を否定すべきなく、"親会社による子会社の解散"の本質は、"(法律上)親会社による子会社を登録抹消"であると認識すべき。

  上記の分析で、"(三つの事例中)第二の事例は、会社の行為又は裁判官の判断がもっとも法律規定に適合しているものである"との結論に至った。しかし、事例一において、裁判官は、会社法の(厳密的な)解釈によって、"親会社による子会社の登録抹消後、労働契約を終止することができない"とすれば、"(子会社と雇用者間)労働契約が親会社に引き継がれる"、または"(客観的な経営状況に重大変更がありとの理由で、)ポジション変更の手続を経て、変更できないとの理由で労働契約を終止する"ことになる。しかし、子会社の主体資格はなくなる前に、(事前の)協議変更手続を遂行することができなく、これを根拠とする労働契約の解除も違法となる。従って、事例一の解決方法は、争議の最終解決に無益なものである。事例三において、裁判官の"親会社による子会社を登録抹消"を争議法条文後半の"会社決定による解散行為"との認定は、拡大解釈となり無根拠のものとなる。

  【操作意見】

  上記の争議事例から、「"裁判所の判旨と結果"と"会社の行為"間において一定の直接関係がある」と考えている。これについて、雇用者に「実践中において、親会社の董事会の決議で子会社の登録抹消の手続を行うことができるが、労働争議のリスクを回避するため、(親会社による子会社の)登録抹消の過程中、厳格に法律規定に則って手続を行うべきである。即ち、この状況において、董事会からの提案を株主総会の審議を経ないといけない。そして、関連決議の中、"登録抹消"との表現に統一的に使用すること。

  【関連意見】

  本文の上記分析を通して、争議法条文に起因する"同じ事例の異なる判旨"の問題について、根本的な理由は、"会社法中の会社の定義と労働契約法中の雇用者の定義の違い"にある。不必要な疑義がないように、及び立法言語使用の謹慎さを向上させるために、司法実践中において、数多くの裁判官は争議法条文中の"登録抹消"を"親会社による子会社の登録抹消"と理解しているが、三つの状況の主体は統一されていないことで、"今後の立法又は司法解釈で更なる明確にする"ことをお薦め。更に、争議法条文の前半の"登録抹消"を"親会社による子会社の登録抹消を含む"と明確し、また、後半の"(事前に)解散"には"親会社によって子会社の事前解散を含まない"と明確したほうがいい。


孙亚洁

作者

最近热点

推荐阅读

分公司“被撤销”或“被解散”后劳动合同终止问题探究

在司法实践中,对于分公司被总公司撤销或者被提前解散是否属于可

《天津市贯彻落实<劳动合同法>若干问题实施细则》要点解读

近日,天津市人社局公布《天津市贯彻落实<劳动合同法>若

分公司“被撤销”或“被解散”后劳动合同终止问题探究

在司法实践中,对于分公司被总公司撤销或者被提前解散是否属于可

版权所有Copyright © 江三角律师事务所 | 沪ICP备12027989号-2 | 021-58883253

互联网新闻信息服务许可证:3112014002

会员注册

*

请填写常用邮箱

*

支持中文、字母、数字,4-20个字符

*

请输入您的手机号

*

请输入6-14个数字、英文或特殊字符

*

两次密码输入需一致

*

请填写验证码

如果您已经是会员请登录,带*的必须填写

帐号登录

忘记密码?

没有劳动法苑帐号?立即注册

免费订阅劳动法苑每日资讯