社会保険の現金手当に関する問題

分享到微信 关闭
2018-06-13 | 来源:劳动法苑

質問者:飲食業HR


質問:弁護士さん、こんにちは。弊社は飲食業に携わるたくさんの社員はすでに地元で保険に加入したため、社会保険を加入する意思がなく、現金手当で支払うことを望んでいる場合の対処について、お聞きします。


回答者:江三角·成都 謝雨池 弁護士補


回答:こんにちは。社会保険の加入は法律で定められたものであって、また、企業としての果たさなくてはいけない義務である。たとえ労働者が自らそういうご希望を出された場合が出たとしても、法律に違反してはいけないものである。ですから、企業は労働者を入社した日から労働者の社会保険に加入させなければならないのである。

企業は労働者を強制的に社会保険に加入させなければならないため、もしも現金手当で支払うとしたら、法律を犯す恐れがあります。主に以下述べる3つの通りです。

1. 労働者は雇用者との労働契約が成立した後、雇用者がその社会保険に加入させていなかったことにより、社会保険に関わる政府機関に訴えることができる。

2.「中華人民共和国労働契約法」第三十八条第3項"使用者が法に基づいた労働者の社会保険費用を納付しない場合"の規定に基き、労働者は使用者に対して労働契約を解除できる、また、使用者で経済補償を求めることもできる。

3. 労働者が勤務先で働いている間に労災が発生した場合、雇用者が責任を負うことになる。


谢雨池

作者

最近热点

推荐阅读

最低工资标准是否包含劳动者个人缴纳的社会保险费及公积金

最低工资标准是否包含劳动者个人承担的社会保险费和住房公积金?

版权所有Copyright © 江三角律师事务所 | 沪ICP备12027989号-2 | 021-58883253

互联网新闻信息服务许可证:3112014002

会员注册

*

请填写常用邮箱

*

支持中文、字母、数字,4-20个字符

*

请输入您的手机号

*

请输入6-14个数字、英文或特殊字符

*

两次密码输入需一致

*

请填写验证码

如果您已经是会员请登录,带*的必须填写

帐号登录

忘记密码?

没有劳动法苑帐号?立即注册

免费订阅劳动法苑每日资讯