競業避止協議締結評価

分享到微信 关闭
2018-06-13 | 来源:劳动法苑

質問者:金融業 HR


こんにちは!従業員が入社する際には、競業避止協議を締結する必要がありますか。


江三角 北京 王莉々 弁護士


こんにちは!

一般的に言えば、競業避止は企業の商業を把握している人の争奪問題に関連している、特にインタネットハイテク新型産業には十分顕著である。競業避止協議を締結するのは、使用者商業秘密又は知的財産権などの利益を保護する手段である。

使用者にとって、社員募集の段階から、新採用の同業界の社員が既に元使用者と競業避止協議を締結済みなのか、当該社員を採用すると法律関連のリスク有るのか、ある程度の措置を使って当該社員を"隠す"必要なのか、などの問題を考えなければならない。もし当該社員は競業避止義務なしの場合、入職前に当該社員の職位は秘密に関わるかどうかを評価して、秘密に関わる職位に認定した場合、当該社員入職する時に、労働契約を締結と共に秘密保持契約、競業避止協議を締結することができる。

普段従業員が入社に当たって関連協議を結ぶことを協力するですが、在職又は退職直前には協力しない場合が多いことを考えるため、実践中一部の使用者が入職の段階で従業員と競業避止協議を締結することを選択します。


最近热点

推荐阅读

上海一中院竞业限制案件白皮书(一)——审判情况通报

2018年7月5日,上海市第一中级人民法院召开新闻发布会,向社会发

版权所有Copyright © 江三角律师事务所 | 沪ICP备12027989号-2 | 021-58883253

互联网新闻信息服务许可证:3112014002

会员注册

*

请填写常用邮箱

*

支持中文、字母、数字,4-20个字符

*

请输入您的手机号

*

请输入6-14个数字、英文或特殊字符

*

两次密码输入需一致

*

请填写验证码

如果您已经是会员请登录,带*的必须填写

帐号登录

忘记密码?

没有劳动法苑帐号?立即注册

免费订阅劳动法苑每日资讯